困ったな.com

Just another WordPress site

*

ペアリング、婚約指輪、結婚指輪の金属アレルギー対応の指輪は何がよい?

   

金属アレルギーで指輪をしてると肌が赤くなって痒くなってしまいには炎症、化膿を起こす可能性があります。

これは皮膚に触れている金属が溶け出し、その金属が皮膚に付着する事によって炎症を起こしています。

ようは金属が溶け出し辛い金属で出来た指輪をすれば問題ありません。

では、どんな金属が溶け出し辛いのでしょうか?

スポンサードリンク

金属アレルギーを起こしづらい金属は?

金属アレルギーを引き起こし辛いとして代表的な金属を上げてみます。

・ステンレス
・チタン
・ニッケルフリー
・タングステン

等です。

この中で一番アレルギーを起こし辛いと言われているのが、タングステンです。

タングステンは強度が最強で殆どの場合、何をしても折れる事が無い金属です。

日本国内でタングステンで金属アレルギーを発症したと言われるケースは未だに一度もありません。

スポンサードリンク

それは汗などにもタングステンは溶け出すことが無いという理由が上げられます。だから、そもそもアレルギー反応が出ることが無いんです。

私の妻も金属アレルギーですが、結婚前にタングステンのペアリングを購入しました。

お店の人から汗で蒸れるかもしれないので、念のためと一つ大きめのサイズにしました。

自宅で指輪サイズを計る方法はこちらです↓↓
指輪サイズの大体のサイズの計り方

そのお陰か妻は一度も金属アレルギーの恐怖に晒される事はありませんでした。

また、タングステンならその強度ゆえに傷もつきにくなっていて、他の金属に比べて長い間傷無く使うことが出来ます。

タングステンの注意点として、事故にあった場合、指輪を除去するのに切り落とすことが困難という所です。

しかし、それも一つ大きめの指輪を買うことで改善出来るでしょう。

参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

 - ペアリング, リング ,