困ったな.com

Just another WordPress site

*

インフルエンザを加湿器で湿度を上げて予防する方法。

   

インフルエンザの季節が近づいてきました。

毎年、新型インフルエンザが発生したり、インフルエンザにもA型やB型等種類があったり、本当に様々なインフルエンザがあります。

予防接種が有効と言いますが、予防接種は打った後に直ぐ効くわけではありません。

効く前にかかってしまったら、それでお終いです。

また、例えばインフルエンザA型の予防接種をした場合でもB型にはA型の予防接種は効かないのでB型にはかかる可能性があります。

と、考えると予防接種ではインフルエンザを予防する事は極めて難しいと判断されます。

では根本的な予防は無いのでしょうか?

インフルエンザを加湿器で湿度を上げて予防する

インフルエンザウイルスは湿度に弱く、湿度が高いところでは空気中に漂って入られません。

もし、ウイルスがコートなどに付着していた場合でも湿度が高ければウイルスが飛散する可能性が低くなります。

スポンサードリンク

冬場の寒い時期であれば湿度は50パーセント~60パーセントくらいあれば良いです。厚生労働省の指針にも書かれています。

加湿をしているのとしていないとではかなり違うので試してみて下さい。

湿度計はダイソーなどの100円ショップの物で十分です。うちでもそれを使っています。

インフルエンザのその他の予防方法

インフルエンザの加湿以外の予防方法として「栄養のある物を食べる」「うがい手洗い」、「人が多く集まる場所はなるべく避ける」、「マスク(不織布製マスク)をする」などがあげられます。

ここで予防方法を見て分かっていただける通り、決して特別な予防方法では無くどれも日常的に行える簡単な方法です。

こんな当たり前な方法を習慣化する事で防ぐ確率が上がります。

インフルエンザに掛からないで一年を過ごしていきたいですね。

参考にしてください。

スポンサードリンク

 - 未分類 ,