困ったな.com

*

映画夜明け告げるルーのうたのネタバレありレビューを書いてみる

   


「四畳半神話大系」など個性的なアニメーションで有名な湯浅 政明監督の初オリジナルアニメーション映画。
「夜明け告げるルーのうた」を鑑賞しました。

率直な感想は、とにかく人魚のルーが可愛かった映画です。

湯浅 政明監督は独創的なセンスの作品が多いのですが、この映画は大人から子供まで楽しめる作品です。

スポンサードリンク

映画夜明け告げるルーのうたのネタバレありレビューを書いてみる

・日無町を舞台にした人魚と少年の青春ストーリー

田舎の港町・日無町に引っ越してきた中学三年生の主人公・カイ。
日無町には「人魚は人を食べる」伝説があり、自分の母親も人魚に連れて行かれたと言う祖父と、少し頼りない父の三人暮らしをしています。

両親の離婚により心を閉ざしたカイの唯一の趣味は、自分の作った音楽をネットに投稿すること。
それを同じ学校の遊歩と国夫に見られ、自分達のバンド「セイレーン」に誘われます。
最初は乗り気ではなかったカイですが自室で作曲していた所、曲に誘われやってきた人魚のルーと出会います。

音楽と人間が好きなルー、伝説と違いに戸惑いながらも徐々にカイはルーに感化され明るい性格になっていきます。

その時、人魚の存在を知った町の大人たちがルーを町おこしに利用しようとカイ達に相談します。
遊歩と国夫はそれに賛成しますが、日光が弱点でひっそりと暮らしていたルーを表舞台に出したくないカイは反対します。

田舎ならではの大人たちの必死さ、カイのルーを大切にしたい心、拡散されるルーの存在と現在の文化と人となりが出ていて、現実的な部分とファンタジーの部分が凄くマッチしていました。

スポンサードリンク

監督の作品は現実の部分でもファンタジーになることがありますが、「夜明け告げるルーのうた」は見ている人も引き込まれる現実感が残っていて程よく主人公と共感が持てる作品になっています。

ラストは涙無しでは見られない展開になっていますし、祖父や人魚伝説の謎も解明されます。
複線回収もしっかりされた納得のいく構成のストーリーです。

・とにかくルーが可愛い!

作中ではとにかくルーが可愛い!水色の髪と大きな目、曲を聞くと尻尾が二股に分かれて踊る姿はとっても可愛い!

言葉は人語を喋り、理解しますが、まるで幼児と会話しているかのように片言です。
二足歩行のシーンでは陸に慣れてないのかよちよち歩きで主人公が手をつなぐシーンに、心がほっこりしました。

とにかく音楽がずっと流れていて、ルーが歌ったり踊ったり海水を動かしたり惹きこまれます。
それに海水の色がずっと薄い緑色なのが監督の作品らしいです、ルーが操る海水は煌びやかに光っていて凄く綺麗な表現になっています。
その綺麗な海水がまた音楽や踊りと合っていて、さらにそこに楽しそうに踊るルーが良い!

音楽に特に力を入れている作品なだけに、色々な曲のMIXバージョンやセルフカバーがあったり、終始飽きさせない展開も面白かった点です。

テーマソングになっている「歌うたいのバラッド」も不思議とルーとカイに重ねてしまうほど、歌詞も曲も世界観に合っています・
これは是非、歌詞も全部見て欲しい、ぴったりすぎるテーマソングです!

ラストまでルーが可愛い作品でありました。
笑えて泣けるアニメ映画「夜明け告げるルーのうた」是非オススメしたい作品です。

夜明け告げるルーのうたのDVD発売日予想記事はこちらから↓↓
映画夜明け告げるルーのうたのDVDとBD発売日やレンタルは?予約や特典は?

夜明け告げるルーのうたのネタバレなしのレビューはこちらから↓↓
夜明け告げるルーのうたのネタバレなしのレビューを書いてみる

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - お勧め情報, 映画 ,