困ったな.com

Just another WordPress site

*

リサイクルインクと互換インクの違いは?利点は?

      2015/10/25

プリンターのインクは何を使っていますか?

純正インクでしょうか?

互換インクでしょうか?

リサイクルインクでしょうか?

純正インクは各メーカーから販売されているプリンターの性能を100パーセント発揮できるメーカーの保障がついたインクです。

では、互換インクとは何でしょうか?リサイクルインクとは何でしょうか?どんな違いがあるんでしょうか?

互換インクとリサイクルインクの違いは?

互換インクは各メーカーやプリンターの型番に合わせたインクカートリッジを別の会社が作っている物です。主に中国等で作られています。

互換インクの利点はなんと言っても価格です。

純正インクやリサイクルインクなどよりもずっと安価です。

ただ、安い分だけリスクも大きいです。

これはプリンターを修理されている方から聞いた話しなんですが、プリンターの故障の原因で一番多いのが互換インクという事です。

インクが出なくなったり、プリンターが動かなくなってしまったり、故障の原因は様々です。

安価なインクの場合、インクカートリッジのつくりが悪くてセットしても動かないという場合も多いです。

また、メーカー自体も互換インクなど純正インク以外で起きた故障の保障は一切ありません。保障期間内であってもです。

もし、使うのであればこれらの事を理解した上で使って下さい。色々リスクはありますが、愛用している方も多いです。

上手く使ってみて下さい。

リサイクルインクの利点はカートリッジが純正と同じで、互換インクに比べてリスクがそこまで無い所です。

価格はそこまで安くは無いですが、純正インクに比べたら安いのでお勧めです。

リサイクルインクはメーカー製のカートリッジを回収し、洗浄した後にインクを詰めています。

ただ、リサイクルインクにもリスクはあります。

リサイクルしているという事は、一度使ったカートリッジをもう一度使っているという事です。

リサイクル前提で純正インクのカートリッジが作られていれば良いのですが、残念ながらそういう目的で作られてはいません。

なので、ヘッドの耐久性は一回切りであり、インクだけを交換する想定はされていません。

それを繰り返し使うと、ヘッドが電気的な故障を起こしインクが吹かなくなってしまう可能性もあります。

ゴミなどの異物で目詰まりを起こすと考える方が沢山いますが、前述の電気的な故障で噴射しなくなることの方が多くあります。

また、リサイクルインクという言い方は間違っています。

正確にはリユースインクです。

リサイクルとは使い終わった製品を回収して再資源として加工されている物のことです。

スポンサードリンク

まとめると

互換インクやリサイクルインクはリスクを理解した上で使用する。

という事になります。

互換インク、リサイクルインク、私がお勧めするのはリサイクルインクです。

うちでも使っていますが、今のところ故障したという様子はありません。色もきれいに出ています。

純正インクより安く互換インクよりリスクが少ない所が良いところでしょうか?

純正インクをかうのが何よりですが、それぞれの用途に合わせてお使い下さい。

参考にして下さいね。

スポンサードリンク

 - プリンター ,