困ったな.com

*

2017年(平成29年度)公認会計士論文式試験の解答速報の比較はこちら.合格ボーダーラインや合格発表はいつ?

      2017/09/14

2017年(平成29年度)公認会計士論文式試験を受験された皆さん、お疲れさまでした。

今まで努力してきた結果は満足に出せたでしょうか?

「緊張してあまり眠れず調子が出なかった」

「会場の雰囲気に飲み込まれてしまった」

「体調を崩していて万全では無かった」

「勉強した所が出てくれて案外簡単だった」

「リラックスして試験に挑むことが出来た」

等々、調子が出せた人出せなかった人の理由は様々かと思います。

それでも、今日の日まで頑張ってきたのは受験された方、全員です。

試験が終わってここまで頑張った自分を褒めて、今は少し伸びをしてリラックスする事をお勧めします。

さて、少しでもリラックスできたでしょうか?

ここでは、2017年(平成29年度)公認会計士論文式試験の解答速報を公開予定しているサイトを紹介していきます。

解答速報のサイトによって、公開日や公開時間に違いがあります。解答速報は正答ではありませんが、複数の解答速報を比較することにより、正答に近付ける事が出来ます。

スポンサードリンク

2017年(平成29年度)公認会計士論文式試験の解答速報の比較はこちら

★資格のTAC★

公認会計士なら資格のTAC。こちらでは2017年9月8日16時頃解答速報を公開予定しています。

★資格の大原★

資格の事なら資格の大原。こちらでは9月上旬公開予定。閲覧は無料で気軽に閲覧できます。

★LEC-リーガルマインド★

スポンサードリンク

LEC-リーガルマインドでは試験分析動画をYouTubeで無料で公開します。2017年9月8日(金)18:00公開予定です。

★クレアール★

資格のクレアールは2017年8月27日試験終了後、順次公開予定とされています。※試験終了後、すぐに公開されるという意味ではありません。

★東京CPA会計学院★

現在、公認会計士短答式試験の解答速報のみ公開されています。論文式試験の解答速報には触れられていませんが、公開される確率が高いです。

※解答速報は正答を保証する物ではありません。
問題によっては不成立問題や不適切問題がある場合があります。

2017年(平成29年度)公認会計士論文式試験の合格ボーダーラインや合格発表はいつ?

過去の合格ラインを見ていくと、概ね60%以上の点数を取っていると合格率はかなり上がります。
※ただし、試験科目のうち1科目につき得点比率が 40%未満のものがある場合は不合格です。

公認会計士論文式試験の合格点は特典偏差値によります。

・平成28年

■合格点
52.0%以上の得点比率(偏差値による)

■合格率
10.8%

・平成27年

■合格点
52.0%以上の得点比率(偏差値による)

■合格率
10.3%

・平成26年

■合格点
52.0%以上の得点比率(偏差値による)

■合格率
10.1%

・平成25年

■合格点
52.0%以上の得点比率(偏差値による)

■合格率
8.9%

合格発表は公認会計士・監査審査会から閲覧出来ます。

こちらから↓↓
★公認会計士・監査審査会★

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - 解答速報