困ったな.com

*

陸上の桐生祥秀選手が100m日本初9秒98!日本学生対校選手権にて!桐生祥秀選手とは?それ以前の記録は?

   

スポンサーリンク

2017年9月9日、福井市で行われた日本学生対校選手権の男子100メートルにて桐生祥秀選手が日本人初となる9秒98の大記録をマークしました!

男子100メートルには、先月ロンドンで行われた世界選手権の400メートルリレーで銅メダルを獲得した関西学院大学3年生の多田選手や、東洋大学4年生の桐生祥秀選手といった日本選手初の9秒台が期待される選手たちが出場していました。

本当におめでとうございます!

スポンサーリンク

陸上の桐生祥秀選手が100m日本初9秒98!桐生祥秀選手とは?それ以前の記録は?

陸上の桐生祥秀選手(きりゅう よしひでせんしゅ)は1995年12月15日生まれの21歳で滋賀県彦根市出身の日本の陸上競技選手。

専門は短距離走となっています。

東洋大学に所属しており、現在東洋大学4年生、身長は176センチ、体重70キロとそこまで大柄な選手では無く、コーチ担当者は土江寛裕となっています。

これまでの成績は

2016年
オリンピック100m
予選7組4着

400mR 2位

2013年
世界選手権
100m 予選2組4着
400mR 3位

2014年
国内大会決勝
日本選手権100m 優勝

最高世界ランク100m 17位 10秒01

2013年
自己ベスト60m6秒56

2017年
自己ベスト9秒98

獲得メダル

スポンサーリンク

2016年
日本男子 陸上競技
オリンピック 銀 リオデジャネイロ4×100mR

2017年
世界陸上選手権 銅 ロンドン4×100mR

2015年
ワールドリレーズ銅 ナッソー4×100mR

2014年
世界ジュニア選手権 銀 オレゴン4×100mR 

銅 2014 オレゴン100m

となっています。

これまでの最高の日本記録はいまから19年前の1998年、当時28歳の伊東浩司さんで、アジア大会10秒00ピッタリをマークし、日本選手初の9秒台への期待が高まっていました。

それから19年後の今日、日本学生対校選手権にて!桐生祥秀選手が好記録を出すに至りました。

大きなストライドを得意とし、スタートから中盤にかけての加速力が爆発的なのが特徴の選手です。

今から5年前の高校2年生の10月の国体で100メートル10秒21となる18歳未満のユース世界最高記録を出しました。

高校3年生の4月には、広島市で開かれた大会で日本記録歴代2位の10秒01を出し、陸上界の注目の的となっていました。

以前の記録を追ってみると、追い風参考の記録ながら既に9秒87を出して、日本選手初の9秒台の足音が聞こえていました。

右太ももの肉離れのケガ等にも見舞われましたが、去年6月11日の大会で、3年ぶりに自己ベストに並ぶ10秒01を再びマークしていました。

スポンサーリンク

 - お勧め情報