困ったな.com

Just another WordPress site

*

海苔巻きは100円ショップダイソーの便利グッズをレビュー、2歳児の子どもでも作れるの?!

   

海苔を敷いてご飯と好きな具材を載せてす巻きを使ってクルクル巻いていく海苔巻き。

あれって結構巻くのが難しいですよね。

す巻きが無い場合はラップを使って作りますが、馴れるまで大変です。

そんな作るのに一苦労する海苔巻きが100円ショップダイソーの簡単便利グッズとして売られているのをご存知ですか?

こちらの便利グッズ、大人気のお昼のテレビ番組ヒルナンデスでも紹介されていました。

振るだけで海苔巻きが出来ていくというこの便利グッズですが、実際に使ってみたのでレビューしていきます。

2歳、3歳、5歳のうちの子ども達にも使わせてみたのでそちらも結果を報告します。

スポンサードリンク

海苔巻きは100円ショップダイソーの便利グッズで作れるかレビューします

sketch-1467231746373
今回の海苔巻きの具は納豆にしました。

海苔の大きさは全判と呼ばれる縦21×横19を半分にしたサイズを用意します。

海苔巻きグッズに少し濡らして使っていきます。

まずは、黄色い方になるべく薄くご飯を敷いていきましょう。

具を入れるところに少しくぼみを付けると良いです。

ご飯の真ん中に具を乗っけたら、具を隠すようにご飯を乗っけていきます。
sketch-1467231902684
そして、ここまで出来たら蓋をしましょう。

スポンサードリンク

透明な方に海苔を入れる差し口があるので少し遠慮がちに海苔を入れていきます。
sketch-1467231924570
そこまでセット出来たら後はひたすら振りましょう。

シャカシャカシャカシャカ♪

海苔がスルスルと中に入っていったのも確認したら、蓋を開けましょう。

さ、これで出来上がりです。

非常に簡単に海苔巻きが出来てしまいました。
sketch-1467231943567
2歳と3歳と5歳ですが、こちらもふりふりして簡単に作ることが出来ました。

子どもも自分で簡単に作れるから非常に嬉しそうでした。

うちではこの海苔巻き便利グッズが喧嘩にならないような3本あります。

海苔巻きの便利グッズの使うコツ

しかしながら、この便利グッズにもちょっとだけコツが必要だと感じました。

・ご飯を入れる前に容器を湿らせる程度に水分を含ませる
・海苔は深く突っ込まない

と、コツといってもこの2つだけです。

ただこの2つを守らないと上手く海苔が巻いていかないので気をつけてくださいね。

海苔巻きのサイズは少し小さいですが、子どもと一緒にやれば絶対楽しいですよ。

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - 子ども, 恵方巻き ,