困ったな.com

Just another WordPress site

*

蛍が北海道で生息している場所は?函館や札幌でも見られる時期は?

      2016/07/12

北海道の蛍はへいけほたるです。主な生息地は

札幌周辺
・左股川河川地域
・西岡公園

釧路近郊
・温根内ビジターセンター周辺

沼田町周辺
・沼田町ほたるの里

十勝周辺
・ 十勝が丘公園

小樽周辺
・ほたるん公園

函館周辺
・香雪園

などが上げられます。

下記に住所やアクセス方法、施設情報、問い合わせ等をまとめました。

スポンサードリンク

蛍が北海道で生息している場所や時期、アクセス方法は?

・左股川河川地域
〒063-0012
北海道札幌市西区福井9丁目4−3

・西岡公園
〒062-0034
北海道札幌市豊平区西岡4条14丁目13−27

7月下旬頃、自然の中で蛍が見られます。見れる時間はPM7時~9時頃です。

こちらから西岡公園の2015年度版ですが、蛍の情報が書かれています。
こちらから↓↓
西岡公園の情報はこちらから

・温根内ビジターセンター周辺
〒085-1145
北海道阿寒郡鶴居村温根内

ホタルウィークと言われる蛍のお祭りも開催されています。

多いときでは100匹前後の平家蛍を湿原のタダ中で見ることが出来ます。

電車~JR釧路駅よりバスで40〜50分

車~釧路市街よりR38号線、道道53号線経由で鶴居方面へ30〜40分

周辺の駐車場は50台位(53号線沿いにあり)

観賞時期は7月中旬〜8月上旬です。

ホタルウィークの開催期間は7月29日(金)〜7月31日(日)

問い合わせ先は温根内ビジターセンターまでお願いします。
0154-65-2323

リンクはこちらから↓↓
湿地内ビジターセンター周辺情報はこちらから

北海道で蛍と言ったら沼田町は外せません。
ほたる祭りも行われており、去年はほたる鑑賞会やステージイベント、ビアガーデン等開催されています。7月上旬より土曜、日曜、祝日に開催される予定です。

自動車~旭川から国道233号で約60分湯内トンネル(道道旭川多度志線)利用でグーンと近い…約45分

深川から国道233号線で約20分
留萌から国道233号線で約30分
札幌から国道275号線で約120分(道央自動車道利用で90分)

JR~旭川から函館本線、留萌本線で約60分
深川から留萌本線で約15分
留萌から留萌本線で約40分
札幌から函館本線、留萌本線で約80分

問合わせ先・担当窓口

総務財政課 広報情報グループ

直通電話番号:0164-35-2111ファクシミリ:0164-35-2393メールアドレス:soumu@town.numata.lg.jp

リンクはこちらから↓↓
沼田町ほたるの里オートキャンプ場アクセス方法や料金等はこちらから

スポンサードリンク

・十勝が丘公園
北海道河東郡音更町十勝川温泉北14丁目
モール温泉夢ボタル鑑賞会が行われます。
期間~2016年7月9日(土)~7月26日(日)
時間~20:00~21:00

料金~無料で駐車場は30台停められる無料駐車場有り

問い合わせ

0155-32-6633/音更町十勝川温泉観光協会

リンクはこちらから↓↓
十勝が丘公園までの地図等アクセス方法はこちらから

・小樽市ほたるん公園

北海道小樽市朝里川温泉2丁目676(小樽朝里クラッセホテル敷地内)
電話番号 0134-52-3800(小樽朝里クラッセホテル)

JR・バス~JR小樽築港駅→中央バス朝里川温泉行、温泉坂上下車徒歩5分

車~車でJR小樽駅より約25分

札樽道朝里インターより約5分

無休(冬期閉鎖)で行われていて料金も無料です。
   
駐車場~150台「小樽朝里クラッセホテル駐車場」

蛍が見られる期間~7月中旬~8月上旬です。

リンクはこちらから↓↓
ほたるん公園のほたる情報

・香雪園

函館にある北海道唯一の国指定文化財庭園。

7月下旬~8月に掛けてヘイケホタルが見られます。

期間中は休憩するテントが用意され、懐中電灯などの貸し出しもされています。

駐車場あり。

料金無料。

リンクはこちらから↓↓
香雪園のアクセス方法や地図はこちらから

ほたる鑑賞時に用意するものや撮影方法

ほたる鑑賞時に用意するものとしては、
・懐中電灯
・虫除けスプレー
・マナーを守る気持ち

があげられるでしょう。

また、カメラ等でホタルの撮影をしてみたいと思う方も沢山いると思います。

カメラでホタルを撮る際にフラッシュは厳禁です。

AF補助光の設定もOFFにして下さい。

こちらにかなり詳しく書かれているのでリンクしておきます。

こちらから↓↓
ほたるをカメラで撮る方法

懐中電灯を使う時も光が眩しすぎないように床を照らすようにしたり、横に広がらないように黒い紙を巻いたりしてみて下さい。

その他のほたるの周辺情報をまとめましたので、ご活用下さい。

・湿地内ビジターセンターほたる情報

・沼田町ほたるの里情報

・十勝川公園ほたる情報

・香雪園のほたる情報

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 - イベント, 写真, 函館, 子ども, 札幌 ,