困ったな.com

Just another WordPress site

*

ポケモンGOの位置情報偽装の裏技で垢バン!5つのペナルティー

   

ポケモンGO、楽しくプレイされていますか?

ポケモンは何匹ゲット出来たでしょうか?

ポケモンGOは位置情報の機能を利用して実際に外を歩いて現れるポケモンをゲットし、レベルを上げていく楽しいゲームです。

が、裏技で自分の偽の位置情報を取得して別の場所に居る事にする裏技が流行りつつあります。

例えば、東京に居るのに北海道の偽の位置情報を取得して位置情報の偽装を行ってプレイするという物です。

これで何の利点があるのかというと、東京を北海道に位置情報偽装するという例から言うと

・東京には居ない北海道のポケモンをゲットする事が可能になる
・家から出ることなくポケスポットへ行ける
・ジムへ簡単に行ける

などが上げられます。

こんな事が出来るんなら、早くやり方教えてよ!と思うかもしれませんが、天下の任天堂がそれを良しとするでしょうか?

位置情報偽装を行った場合、5つの恐るべきペナルティーが待ち受けています。

スポンサードリンク

ポケモンGOの位置情報偽装による恐るべき5つのペナルティー

さて、位置情報偽装による恐るべき5つのペナルティーを紹介します。

スポンサードリンク

1、CPが低くても高くてもポケモンが捕まらなくなる

2、ポケストップが使えなくなる

3、ジムに対してポケモン配置が不可能になる

4、ジムバトルの途中でも強制終了になる

更に一番恐ろしい5つ目のペナルティーが、位置情報偽装を何度も行うと最終的には、

警告が入った後、

ゲームから一時追放を受けて

アカウント削除、

と、二度とゲームは出来なくなる。いわゆる、垢バンに当たります。

垢バンされるとアカウントを新たにする必要があり、今まで育てたポケモンをゼロからやり直さなければいけない事態になります。

そして、位置情報偽装はポケモンGO事態のゲームを破壊する事になりかねません。

殆どの人がこの位置情報偽装を行うと、ポケモンのゲームのバランスを大いに崩し、ゲーム内で予定しているイベントも出来なくなる可能性があります。

そういう事が続くとゲームの存亡にも関わり、1人の人のちょっとした出来事が沢山のひとの不利益になりかねません。

そうなった場合で裁判沙汰になったら勝つのはどちらでしょうか?

位置情報偽装は簡単に出来ますが、様々な人の不利益にも関わるので絶対にやめましょう。

スポンサードリンク

 - お勧め情報