困ったな.com

*

映画妖怪ウォッチ空飛ぶくじらとダブル世界の大冒険だにゃん!の感想&レビュー.ネタバレの無い見所は?

   

スポンサーリンク

公開初日に映画妖怪ウォッチ空飛ぶくじらとダブル世界の大冒険だにゃん!を子どもと一緒に見てきました。

うちの子は

・5歳(男)
・4歳(男)
・2歳(女)

の3人です。

みんな妖怪ウォッチが普段から大好きでテレビでもよく見ています。

今回の映画で心配な所が幾つかありました。

・映画館の暗さに怖がらないか?

・実写とアニメが行ったり来たりするのが子ども達に受け入れられるのか?

・2時間という時間に耐えられるのか?

という所です。

映画館は初めてなのであの暗さに馴染むことが出来るのか、とりあえず、これが最初に気になりました。

また、今回の映画は実写とアニメを行ったり来たりするという試みがされていますが、アニメで見慣れているケイタやジバニャンが実写になって子ども達に受け入れられるのか?が気になりました。

家以外の場所で2時間も集中して見ることが出来るのかも心配でした。

好きな物とは言え、2時間は大人でも長いです。知らない空間で2時間も耐えられのかが気になりました。

その辺を踏まえた上で映画妖怪ウォッチ空飛ぶくじらとダブル世界の大冒険だにゃん!の感想&レビューをしていきます。

ネタバレにならない程度の見所も紹介していきます。

スポンサーリンク

映画妖怪ウォッチ空飛ぶくじらとダブル世界の大冒険だにゃん!感想&レビュー.混み具合は?

まずは、先程あげた

・映画館の暗さに怖がらないか?

・実写とアニメが行ったり来たりするのが子ども達に受け入れられるのか?

・2時間という時間に耐えられるのか?

の3つですが、結論から言うとそこまで気にした物ではありませんでした。

映画館の暗さも映画館のスクリーンが大きくて明るいので気にならなかったようで、グズるような子はうちを含めて映画館の中にもいませんでした。

実写とアニメを行ったり来たりに関しても普段から仮面ライダーシリーズなどを見ているせいか、普通に受け入れられていたようです。

寧ろ、遠藤憲一さんの人面犬を見て笑っていました。

2時間という長時間の問題ですが、最後の方は疲れたのか、少しダラダラしてしまいましたが、膝の上に座らせてあげたら最後まで泣かずに見ることが出来ました。

という事で親の気にしすぎという所に落ち着きました。

あと、トイレの問題ですが、うちはあえてジュースは飲ませずに映画を見て貰いました。

トイレに行きたくなって、途中で映画を見れなくなるのも可哀想だったので、少し我慢して貰いました。

我慢と書きましたが、子ども達からも特にジュースが飲みたいというリクエストも無かったので、買いませんでした。

スポンサーリンク

子ども達の問題は解決できて、ゆっくり映画妖怪ウォッチ空飛ぶくじらとダブル世界の大冒険だにゃん!を見ることが出来、ホッとしています。

感想&レビューとしては、

・実写とアニメを行ったり来たりし過ぎかな?

・空飛ぶくじらとの対決シーンが以外と恐い

・笑える所が要所要所にちりばめられていた

・大人が笑えるネタも多少入っていた

・コアラニャンが可愛い

・実写のふみちゃんにかなり力が入っている

という感じです。

私は個人的には楽しく見る事が出来ました。

何より、子ども達に楽しく見て貰えたのでそこが何より良かったです。

映画が終わってからも

「ドリームメダル貰ったからありがとうって言おうね」

と、子ども達から言ってきたり、

「コアラニャン可愛かった」

と、言ってコアラニャンの真似をしてみたり、

と、終始ご満悦でした。

混み具合も気になる所だと思いますが、うちは函館のシネマ太陽で見たのですが、初日の13時40分の上映時間に1時間前に行っても席を5席家族分確保する事が出来ました。

空き状況をぱっと見た感じでは一時間前で20席は空いていた印象です。

初日が一番混むようなので、冬休みに入るとまた分かりませんが、一時間前で余裕で見れる感じがします。

映画妖怪ウォッチ空飛ぶくじらとダブル世界の大冒険だにゃん!のネタバレのない見所を紹介.

映画妖怪ウォッチ空飛ぶくじらとダブル世界の大冒険だにゃん!の見所は、

・空飛ぶくじら
・実写世界とアニメ世界の違い
・バレー
・強い思い
・コアラニャン
・イナホ
・ロボニャン
・遠藤憲一さん

です。

空飛ぶくじらは言わずもがなですが、実写世界とアニメ世界の違いはようチェックです。

個人的にはアニメと実写の映像に殆どくるいが無かったのに驚かされました。

バレーと強い思いというのも重要なキーワードになります。映画を見る際は是非注目して下さい。

また、物語の鍵を握るキャラであるコアラニャンには色々と秘密があります。

鼻を押したり、耳を引っ張れば?

是非、映画館でチェックしてみて下さい。

イナホは一瞬しか出て来ませんが、大切な役割を担っています。流石、イナホという感じです。

ロボニャンも今回は大活躍します!ロボニャンが格好良くて好きになりました。

あと、人面犬の役として出演している遠藤憲一さんですが、物語にはあまり関係無いですが、オイシイ所を持って行きます。是非是非、映画館でみて下さい。

ムビチケやファミマの店頭ではチケットが買えます。

前売り券特典はもう無いですが、中学生までの友達にはえんま大王とぬらりひょんのドリームメダルが数量限定になっているので、欲しい方は早めに見ることをお勧めします。

スポンサーリンク

 - 妖怪ウォッチ