困ったな.com

*

ボジョレーヌーボー2017解禁日はいつ?ボジョレーヌーボーとは?山梨ヌーボーとは?

   

いよいよ、2017年のボジョレーヌーボー解禁の時期が近づいて来ました。

今年のボジョレーヌーボーも出来が良いという噂で現地からの速報では2017年は

「現状は、豊富な日照量と理想的な降水量によって、畑の衛生状態は非の打ちどころがない期待できるヴィンテージ」

との事です。

ちなみにほぼ毎年ボジョレーヌーボーには味の品質予想として、ワインソムリエがキャッチコピーを付けています。

スポンサードリンク

1998年~2016年までのボジョレーヌーボーのキャッチコピーは?

1998年
「10年に1度の当たり年」
1999年
「品質は昨年より良い」
2000年
「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
2001年
「ここ10年で最高」
2002年
「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」
「1995年以来の出来」
2003年
「100年に1度の出来、近年にない良い出来」
2004年
「香りが強く中々の出来栄え」
2005年
「ここ数年で最高」
2006年
「昨年同様良い出来栄え」
2007年
「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
2008年
「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
2009年
「50年に1度の出来栄え」
2010年
「2009年と同等の出来」
「今年は天候が良かった為、昨年並みの仕上がり。爽やかでバランスが良い」
2011年
「2009年より果実味に富んだリッチなワイン」
「出来が良く、豊満で絹のように滑らかな味わい」
2012年
「ボジョレー史上最悪の不作」
「糖度と酸度のバランスが良く、軽やかでフルーティーな仕上がり」
2013年
「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」
2014年
「2009年の50年に一度のできを超える味わい」
「エレガントで味わい深く、とてもバランスがよい」
2015年
「今世紀で最高の出来」
2016年
「エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品な味わい 」

となっています。

色々と突っ込み処があるキャッチコピーですが、ワインソムリエがテイスティングして評価した味なので、それなりに信憑性はあるかと思います。

2012年が

「ボジョレー史上最悪の不作」

と、ワイン関係者は目をふさぎたくなるような事も情報として提示しているので

「ただ、宣伝のためだけに付けている物ではなく、評価は一定にしている」

と思えて私の中では印象が良いです。

口に合うかどうかは人それぞれな所が大きいので、キャッチコピーは目安として見ておくことをお勧めします。

ボジョレーヌーボー2017解禁日はいつ?

2017年のボジョレーヌーボーの解禁日は2017年11月16日(木)0時となっています。

実はボジョレーヌーボーの解禁日ですが、毎年11月の第三木曜日が解禁日と決まっています。

これはワインの早期出荷の競争の激化から品質低下を防止するために定められています。

ボジョレーヌーボーはそもそもワイン業者が毎年のワインの出来映えをチェックしていた事が始まりとされています。

そして、もう一つ解禁日が毎年11月の木曜日になった事には理由があります。

当初の解禁日は11月11日とされ、続いて11月15日と定められましたが、その年によっては土曜日だったり、日曜日だったりしたため、ワインを運搬する関係者やお店、ホテルが休日になっており、ボジョレーヌーボーだと言うのにお店がお祝いできない羽目に。

そんな所から毎年日付が変わる11月の第三木曜日となったようです。

スポンサードリンク

ボジョレーヌーボーとは?他のワインとの違いは?

ボジョレーヌーボーのボージョレーとは、フランスのブルゴーニュ地方にある地区の名前の事です。

このボジョレーからその年最初に製造された新酒のワインの事をボジョレーヌーボーと呼んでいます。

ボジョレーヌーボーと他のワインとの違いのひとつとして、醸造期間が短い事が上げられます。

この醸造期間が短いことにより、赤ワインよりも渋みが少なくさっぱりとしたフルーティーな口当たりになっています。

日本でボジョレーヌーボーが受け入れられたのは、ボジョレーヌーボーの解禁日が日付が一番先に変わる日本が世界で最も早い事と、ボジョレーヌーボーの味に秘密があるかもしれません。

日本国産ワインの山梨ヌーボーとは?

ボジョレーヌーボーがボジョレーで取れる新酒のワインという事ですが、勿論日本でワインが盛んに製造されている有数の地方から取れる新酒のワインもヌーボーと呼ばれています。

日本のヌーボーの通称はまだ、あまり名前として定着しておらず、そのまま日本国産ワインのヌーボーと呼ばれる場合が殆どです。

こちらの国産ワインのヌーボーですが、中でもぶどう生産地有数の地として知られている山梨県のヌーボーは、山梨ヌーボーとして広く知られ始めています。

山梨ヌーボーの解禁日は2017年11月3日です。

山梨のワインは日本固有のぶどう甲州とマスカット・ベーリーAが使われており、このぶどうで作られた山梨の新酒ワインを山梨ヌーボーと呼ばれるようになりました。

ちなみに甲州は爽やかな味わいで世界的にも定評がある白ワイン、マスカット・ベーリーAは近年の著しい品質向上によりその芳醇な味わいが特徴として赤ワインの原料として使われています。

マスカット・ベーリーAも日本固有のぶどう品種で赤ワイン用の原料BaileyとMuscut Hamburgを交配して生み出されました。

山梨ヌーボーはこちらのサイトで詳しく知ることが出来ます↓↓
★山梨ヌーボーとは?★

山梨ヌーボー祭りの会場は?開催期間は?

また、山梨ヌーボーのイベントが東京都と山梨県で山梨ヌーボー祭りとして開催されます。

東京は2017年11月3日

山梨県は2017年11月18日~19日

の日程で行われます。

こちらのイベントでは新酒ワインの試飲、即売、特産品販売が行われます。

山梨ヌーボー祭りで販売される山梨ヌーボーは、県内ワイナリー38社60銘柄以上の新酒ワインが試飲、購入出来ます。

※特産品の販売は東京都会場のみになります。

東京都会場は、

日比谷公園噴水広場
AM10時30分~PM2時30分まで
最終受付午後1時30分

有料試飲~前売り券2200円(4000名まで)
当日2500円(1000名まで)
(試飲グラス、ワイン試飲10枚、おつまみ付き)

山梨県
山梨小瀬スポーツ公園
AM10時00分~PM3時30分まで
最終受付PM3時00分

有料試飲~1500円
(試飲グラス、ワイン試飲10枚、おつまみ付き)

山梨ヌーボー祭り詳細サイトへ↓↓
★山梨ヌーボー祭り★

山梨ヌーボーやボジョレーヌーボーがイトーヨーカドーで買えます

★イトーヨーカドーのボジョレーヌーボー特集へ★

スポンサードリンク

 - お勧め情報