困ったな.com

*

平成29年度(2018年)第112回医師国家試験の日程や申込み期間はいつまで?過去問は?

   

スポンサーリンク

第112回医師国家試験では、日程の変更や問題数の減少など、変更点が加えられました。

今までと比較して、混乱されているかたも中にはいるのでは無いでしょうか?

問題数が減ったからといって合格のハードルが下がった訳ではありませんが、少し気が楽になったかと思います。

こちらでは平成30年に行われる第112回医師国家試験の日程や申込み期間等を紹介しています。

厚生労働省からの抜粋ではありますが、過去問へのリンク、合格基準や合格率等も掲載しましたので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

平成29年度(2018年)第112回医師国家試験の日程や申込み期間はいつまで?

平成29年度(2018年)代112回医師国家試験の日程や申込み期間は、

■日程

平成30年2月10日(土曜日)及び11日(日曜日)

■試験地

・北海道
・宮城県
・東京都
・新潟県
・愛知県
・石川県
・大阪府
・広島県
・香川県
・福岡県
・熊本県及び沖縄県

となっています。

■申込み期間

平成29年11月1日から11月30日まで(消印有効)

■合格発表

 平成30年3月19日(月)

となっています。

平成29年度(2018年)第112回医師国家試験の申込みの書類は?

平成29年度(2018年)第112回医師国家試験の申込みに必要な提出する書類は

・受験願書 
・写真
・返信用封筒 
・受験手数料(15,300円分の受験手数料の額に相当する収入印紙)

※その他、該当者によっては、
・卒業証明書又は卒業見込証明書
・医師国家試験予備試験の合格証書の写し
・合格証明書及び実地修練施設の長の発行する実地修練を終えたことを証する書面又は実地修練を終える見込みであることを証する書面
・医師国家試験受験資格の認定書の写し

等が必要になってきます。

こちらは確認用として参考にして下さい。

受験者が提出する書類については必ず、厚生労働省ホームページにて詳細を確認して下さい。

★厚生労働省ホームページー医師国家試験の施工について★

スポンサーリンク

平成29年度(2018年)第112回医師国家試験の変更点は?合格率や合格基準は?

平成30年に実施する第112回医師国家試験では、従前の国家試験から次の変更があります。

・出題数、試験日程について

必修問題以外の一般問題を100題減じ、合計400題となりました。

試験日数を3日間から2日間に変更されています。

※なお、試験時間は1日目、2日目ともに、9時30分から18時30分を予定されています。ただし、実際の試験時間及び説明開始時刻は受験票と共に送付される受験者留意事項を確認して下さい。

・配点について

必修問題以外の一般問題と臨床実地問題は、ともに1問1点で採点を行う。

・合格基準について

必修問題以外の一般問題と臨床実地問題は、これまで各々で合格基準を設定していたものを、一般問題と臨床実地問題の得点の合計について合格基準を設定する。

詳細はこちらから↓↓
★厚生労働省ホームページー医師国家試験について★

去年の合格率は

新卒者
出願者数9,124人
受験者数8,828人
合格者数8,104人
合格率91.8%

全体
出願者数9,959人
受験者数9,618人
合格者数8,533人
合格率88.7%

となっています。

医師国家試験の過去問や参考書は?

過去問 正答

医師国家試験第107回から第111回
までの過去問はこちらとなります。

★第111回医師国家試験の過去問及び正答★

★第110回医師国家試験の過去問及び正答★

★第109回医師国家試験の過去問及び正答★

★第108回医師国家試験の過去問及び正答★

★第107回医師国家試験の過去問及び正答★

となっています。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 - お勧め情報