困ったな.com

*

ワンパンマン原作の感想、お勧めポイントは?

   

スポンサーリンク

ワンパンマンはONE先生が原作を勤め、アイシールド21でお馴染みの村田雄介先生作画で大人気のネット配信漫画から火が付いた漫画です。

アニメ展開もされており、第二期も作成されているようです。

アニメ版も勿論、面白かっこいいのですが、原作も素晴らしいので是非、読んで欲しいです。

スポンサーリンク

ワンパンマン原作のお勧めポイントは?

ワンパンマン原作のお勧めポイントは、

「とにかく村田雄介先生の画力が凄い!」

の一言に尽きます。

さいたまのあのただの線画から繰り出される超攻撃の数々、迫力が漫画であんなに体感出来るのは感動物です。

それだけでも見る価値があると言えるでしょう。

あの線画のさいたまは漫画が一番しっくりくるのでは無いでしょうか?

漫画版はONE先生のストーリー構成や空気間が絶妙です。

■キャラクターの見せ方が上手い

また、キャラクターの見せ方が上手く敵キャラの怪人達も非常に魅力的です。

怪人の中でも異色と言えるのが、怪人ガロウです。

スポンサーリンク

ガロウは人の身でありながら怪人を目指している敵キャラです。

元が人と言うことも有り、世話になった人(子ども)には一切手を出しません。

それどころか、自分のせいで巻き添えになる所を守って上げています。

怪人になるのにも色々と理由がある感じも原作から伝わってきます。

本当は根の優しいキャラクターなのでは無いかと思ってしまうくらいです。

敵キャラなので、ヒーローには結構酷いことはしているのですが、どこか憎みきれないキャラクターです。

勿論、ヒーローの中にも味のあるキャラクターは多いです。

個人的にはキングが活躍してくれないかなと思っています。唯一、さいたまに勝てる男(ゲーム最強)のポジションは美味しいです。

まとめ

ワンパンマン原作の感想を思ったままに書いていきましたが、アニメ版では分からない漫画ならではの演出もあるので、アニメでこうなってたけど、原作はこんな感じなんだと思って貰えると、原作ファンとしては嬉しいです。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 - お勧め情報