困ったな.com

*

恵方巻の恵方の方角を決める基準や決める人は?方角を知る方法は?

   

スポンサーリンク

2018年2月3日(土)、今年も節分がやってきます。

節分と言えば、なんと言っても豆撒きを行うのが風習としてあげられますが、近年豆撒きに続いて恵方巻きを恵方の方角を向いて食べるという風習も定着してきました。

毎年、変わるこの恵方ですが、

「恵方を決める基準って何?」

「恵方って誰が決めるの?」

と、気になった方も多いのでは無いでしょうか?

ここでは、

・恵方の方角の決め方の基準や決める人

・方角の知り方

・恵方巻きが元々行われていたのはどこなのか?

・何から恵方巻きが風習へと定着したのか?

等について紹介しています。

スポンサーリンク

恵方巻の恵方の方角を決める基準や決める人は誰?

恵方巻の恵方の方角を決める基準や決める人についてですが、恵方を決める基準はあるものの、決める人は存在しません。

恵方巻きの恵方を決める基準はこちらになります。

恵方は歳徳神(頗梨采女・櫛稲田姫)のいる方角とされています。

この歳徳神ですが、その年ごとに居場所を変えるとされています。

その居場所はその年の「干支」の「十干」を基準としています。

例として、

甲(木の兄)の年とその5年後(己・土の弟)…甲の方角(寅と卯の間)

丙(火の兄)の年とその5年後(辛・金の弟)…丙の方角(巳と午の間)

戊(土の兄)の年とその5年後(癸・水の弟)…丙の方角(巳と午の間)

庚(金の兄)の年とその5年後(乙・木の弟)…庚の方角(申と酉の間)

壬(水の兄)の年とその5年後(丁・火の弟)…壬の方角(亥と子の間)

分かりやすく十干・西暦順にいうと、

●甲(きのえ)の年(下1桁が4)……寅と卯の間…甲の方角(75度・東北東微東)
●乙(きのと)の年(下1桁が5)……申と酉の間…庚の方角(255度・西南西微西)
●丙(ひのえ)の年(下1桁が6)……巳と午の間…丙の方角(165度・南南東微南)
●丁(ひのと)の年(下1桁が7)……亥と子の間…壬の方角(345度・北北西微北)
●戊(つちのえ)の年(下1桁が8)…巳と午の間…丙の方角(165度・南南東微南)
●己(つちのと)の年(下1桁が9)…寅と卯の間…甲の方角(75度・東北東微東)
●庚(かのえ)の年(下1桁が0)……申と酉の間…庚の方角(255度・西南西微西)
●辛(かのと)の年(下1桁が1)……巳と午の間…丙の方角(165度・南南東微南)
●壬(みずのえ)の年(下1桁が2)…亥と子の間…壬の方角(345度・北北西微北)
●癸(みずのと)の年(下1桁が3)…巳と午の間…丙の方角(165度・南南東微南)
となります。

恵方は10方角しか無いと言うことが分かりましたでしょうか?

2018年(平成30年)は、戊(つちのえ)の年(下1桁が8)です。

なので、巳と午の間…丙の方角(165度・南南東微南)が恵方となります。

と、こんな感じで恵方は決まっているので、誰かが恵方を決めている訳ではありません。

因みにこの恵方の基準で行くと来年2019年は東北東となりますね。

職場などでこの話をすると、

「この人はただ者では無いな」

「博識な人だ」

と思われるかもしれません。

例えば、この話しをして、相手が今年の恵方を知っていたとしても、

「今年は南南東だけど、もっと詳しく言うと、165度の南南東の微南なんだよね?」

と、上を行く発言をする事が出来、周囲にもこの人は豆知識が凄いなと思わせることが出来ます。

歳徳神(頗梨采女・櫛稲田姫)の話しなどをし始めると、

「知識をひけらかしてウザったい人だな」

「知識自慢かよ」

と、思われてしまう可能性が高いので、ここまでは言うのは押さえた方が良いかもしれません。

ただ、歳徳神(頗梨采女・櫛稲田姫)は、豆知識をひけらかす人種が居た場合、使い方によっては豆知識を黙らせる切り札となります。

もし、やむなく豆知識バトルに発展してしまった場合は、歳徳神(頗梨采女・櫛稲田姫)を言うと、相手も黙ってしまうと思うので、最後の切り札として取っておきましょう。

そして、そこまで責められるときっと、「恵方巻はどこから始まった物なのか?」という事について語り始める可能性があります。

その辺も理由を述べても良いのですが、

「相手に恥をかかせないため」

「多少花を持たせるため」

にもその辺は「知らなかった」と、無知なふりをして上げるのをお勧めします。

さて、次は肝心の方角の知り方を紹介します。

恵方の方角の知り方は?

恵方の方角の知り方は、単純に方位磁針を持っていれば直ぐに分かるのですが、恵方を知るだけのために方位磁針を買うのも何だか勿体ない気がします。

手元にスマホがある場合は、GPS機能を使って簡単に方位を知ることが出来ます。

スポンサーリンク

方位を知るための便利なアプリも勿論あるのですが、方位磁針を買うのと同じく恵方のためだけにアプリをダウンロードするのも、勿体ない気がします。

なので、こちらでは方位磁針を買わずにアプリをダウンロードする事無く、方位を知る方法を紹介します。

★ぐるなびの恵方巻マップ★

ぐるなびの恵方巻マップは、恵方を指す方角に分かりやすく色が塗られています。

検索窓から自分の住所を記入し、検索するとその地図も表示されるのでより分かりやすいです。

是非、活用してみて下さい。

そもそも恵方巻きってどこの地域で行われていたの?

恵方巻きの風習が元々あったのは関西地方だと言われています。

ただ、地域によって差が大きく

「昔から節分に太巻きを丸かじりする風習がある地域」

「全く無い地域」

と意見が二分されています。

そんな中、こちらのブログがとてもためになりました。

★「恵方巻き」のうそ・・・関西には「恵方巻き」など、ありません。これは作られたイベントです。★

こちらのブログではブログ制作者さんは「恵方巻きという風習は全くなかった」という意見で書かれていますが、コメント欄には

「私の地域では昔からありました」

「おばあちゃんもやってました」

「恵方巻きとは言われてないですが、丸かぶりと言われていた物がありました」

「同じく私の地域に恵方巻きと言われる物はありませんでした」

等々、とても貴重な意見が数々上げられています。

やっていた、やっていない

と意見は真っ二つなのですが、ここで一つ共通していた物がありました。

それは、「恵方巻きと呼ばれている風習は無い」

という事です。

ここからは個人の推測となりますが、恵方巻きのモデルとなった風習は関西の一部地域によって存在はしていたが、恵方巻きという言葉自体は存在しなかったという事なのでは無いでしょうか?

よく、クリスマスやバレンタインデー等が流通業界や食品業界が、売り上げをあげるために作ったイベント等と言われていますが、恵方巻きもその一つなのでは無いかと思われます。

最近で言うとハロウィーンのイベントなんかも上げられますよね?

こんな作られたイベントなんて嫌いだ

という意見も必ずありますし、そこを否定する気もありません。

ただ、日本人って古来よりゲン担ぎを大切にする風土があります。

恵方巻きはゲン担ぎが好きな日本人にはピッタリなイベントだと、個人的に思います。

そういうマッチング性もあってこの恵方巻きというゲンを担ぐイベントは日本に広まったのでは無いでしょうか?

因みに恵方巻きを初めて売り出したのはセブンイレブンと言われています。

恵方は夏にもあるの?

最近、恵方は春だけでは無く、夏にもあると言われるようになりました。

これは取り敢えず正解から言うと、存在するのですが、何故、夏にも存在するのでしょうか?

それは節分という行事に秘密がありました。

節分は、もじどおり、「季節を分ける」という意味です。

季節を分けるという事は、

「ここからは冬では無くて、春になりますよ」

という意味です。

節分は立春の前日と言われています。

※立春の日にちが変わった場合、節分の日にちも変わります。

暦上の季節の変わり目は立春の他にも立夏、立秋、立冬、と四季にあわせて存在します。

その中でなぜ、立春の前日だけが節分と言われている理由は、

「冬から春になるのは一年の始まりと言われる特別な日」

だからです。

なので、特別に節分と言われています。

そこだけで終わっていると可愛い物なのですが、最近では更に立秋の前の夏の節分に恵方巻きを食べる事を推奨されています。

イベントに参加するのは自由なのですが、個人としては春の節分だけで良いかなと思います。

因みに恵方は歳徳神(とくとくじん)の居る方角なので春の節分と同じです。

まとめ

まとめると、

・2018年の恵方は南南東
・恵方は歳徳神(とくとくじん)の居る方角によって決定する
・恵方巻きの風習は関西の一部地域で行われていた
・恵方巻きという言葉は業界が作った可能性が高い
・恵方巻きは古来よりゲンを担ぐ風土があった日本にマッチしており、広まった可能性がある
・夏にも恵方巻きを食べる理由がある

となります。

恵方巻きは今では様々な物が売ってますよね。今では恵方巻きのスイーツ(ロールケーキ)等も売り出されています。

個人としてはこういうゲンを担ぐイベントは好きなので無理のない程度で参加したいと思います。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 - 恵方巻き, 節分