困ったな.com

*

平成30年度弁理士試験短答式筆記試験の解答速報は?合格基準や合格発表日は?

   

スポンサーリンク

平成30年度弁理士試験 短答式筆記試験を受験された皆さん、お疲れさまでした。

全体的に難易度が非常に高い司法試験ですが、万全の体勢で取り組めたでしょうか?

前日まで勉強して寝不足気味だった。

風邪を引いてしまって、試験に集中できなかった。

等、様々な状態で挑まれたのではないでしょうか?

こちらでは平成30年度弁理士試験 短答式筆記試験の解答速報を紹介しています。

解答速報はあくまで解答速報です。正答ではありませんので参考程度に閲覧することをお勧めします。

また、サイトによっては解答が割れる場合もあるため、複数の解答速報を閲覧し、比較すると正答に近付けることが出来ます。

スポンサーリンク

平成30年度弁理士試験短答式筆記試験の解答速報は?

平成30年度弁理士試験短答式筆記試験の解答速報は以下となります。

東京リーガルマインド

TOPページから弁理士を選び、受験生応援サイトへアクセスして下さい。試験終了当日20時30分頃から解答速報が公表されます。

スポンサーリンク

★資格のTac★

資格のTacでは2018年5月20日  20時30分頃、公開予定です。

平成30年度弁理士試験短答式筆記試験の合格基準や合格発表日は?

平成30年度弁理士試験短答式筆記試験の合格基準や合格発表日は以下となります。

合格基準は“総合得点の満点に対して65%の得点を基準として、論文式筆記試験及び口述試験を適正に行う視点から工業所有権審議会が相当と認めた得点以上であること。ただし、科目別の合格基準を下回る科目が一つもないこと。なお、科目別合格基準は各科目の満点の40%を原則とする。”
引用元:http://www.jpo.go.jp/torikumi/benrishi/benrishi2/benrisi_siken_faq.htm#anchor1q10

過去の合格率は

平成29年度8.9%

平成28年度15.5%

平成27年度14.1%

平成26年度11.8%

合格発表日は

短答式試験は2010年6月11日

論文式試験は2018年9月25日

最終合格

2018年11月8日

となります。

合格発表はこちらから↓↓
★特許庁へ★

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 - 解答速報